忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



只今9999カウントまで無制限クリックご奉仕中!『忍豪拍手』

【2018/10/23 08:14 】 |
ふつうであろう
うちの姉が、京芸に通っていたときに聞いた話。
ことあるごとにフト思い出す。

美術学部に、ファッション的にいかにも芸術家っぽい先輩Aと、いつもTシャツにジーンズで、パッと見これといって洒落っ気もなんにもない先輩Bがいたらしい。

で、実際に描く絵を見たら、先輩Aは見かけの派手さとは裏腹に、ぜんぜん普通の面白くもなんともない作品ばかり。
一方、先輩Bは、外見の地味さからは想像もできない、震えが来るようなぶっとんだ絵ばかりを描いていたそうだ。

それを聞いて心に深く刻まれたのは、とにかく奇をてらわず、ふつうであろうということ。
内面の凄みは、抑えても抑えても、ぜったい滲み出てくるものだ。
自分に自信があれば、外見に頼る必要なんてない。

見た目や口先で勝負するな。
行動や生み出す作品で勝負だ。
PR


只今9999カウントまで無制限クリックご奉仕中!『忍豪拍手』

【2010/03/02 01:28 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<日々是勉強 | ホーム | ショッキングな出来事その後>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>